作成者別アーカイブ: syokusyoku

自毛植毛の失敗を回避する方法

髪の毛というものは、シャンプーの方法や生活習慣によっても大きく状態が変わってきます。ですから、自毛植毛をすればそれで何もしなくては良いということではなく、自分なりに髪の毛に良いことを継続して行っていくことが大事になってきます。

自毛植毛は失敗するリスクもありますが、自分なりに生活習慣を考えたり、シャンプーの正しい方法を身に着けることによって、より植毛した髪の毛を維持していくことができるようになります。また、移植した髪の毛だけではなく、現在ある髪の毛を維持していくことも大事になってきます。

せっかく植毛をしても、他の髪の毛がどんどん抜けていってしまったら、薄毛をカバーすることができなくなってしまいます。自分の髪の毛を移植するといっても限界はありますから、今ある毛のことも大事にすることが重要になってきます。

自毛植毛はどのような方法で行うのか

薄毛になる場所というものはある程度決まってきます。多くは頭部の中央付近、額の生え際というパターンが多いです。しかし、多くの薄毛の人の共通点としては、後頭部や側頭部の髪の毛はしっかりと生えているということです。

そこで、自毛植毛は、髪の毛が薄くなっていない後頭部や側頭部の髪の毛を、薄くなっている部分に移植するという方法で行います。移植する髪の毛は自分の髪の毛ですから、頭皮が抵抗することもなく、しっかりと定着すれば、半永久的に生え変わるようになります。

生え変わるようになれば、特別なメンテナンスが必要になってくるわけではなく、普通にシャンプーをして清潔にしたりするだけで問題ありません。1回にかかる費用はある程度しますが、一度の施術で長期的に効果をもたらすというメリットがあります。

自毛植毛は必ず成功するとは限らない

薄毛を解決する手段は最近ではいろいろとありますが、中でも自毛植毛という方法もその中の有力な方法の一つということが言えます。自毛植毛のコマーシャルなどでは、かなりの確率で成功すると宣伝されていますが、失敗する可能性があるのも事実です。

なぜ、失敗してしまう可能性があるのかというと、自分の髪の毛を移植して、その髪の毛が定着するかどうかは個人差があるからです。自毛植毛の場合、移植するのは自分の髪の毛ですから、頭皮の抵抗といものはありません。

しかし、頭皮の状態によっては、移植した髪の毛が成長していかないケースもあります。ですから、このような失敗のリスクもあるということも知った上で施術をするということが大事になってきます。リスクに対して不安があるのであれば、最初は移植する髪の毛は少ない本数から試してみるとよいでしょう。