自毛植毛はどのような方法で行うのか

薄毛になる場所というものはある程度決まってきます。多くは頭部の中央付近、額の生え際というパターンが多いです。しかし、多くの薄毛の人の共通点としては、後頭部や側頭部の髪の毛はしっかりと生えているということです。

そこで、自毛植毛は、髪の毛が薄くなっていない後頭部や側頭部の髪の毛を、薄くなっている部分に移植するという方法で行います。移植する髪の毛は自分の髪の毛ですから、頭皮が抵抗することもなく、しっかりと定着すれば、半永久的に生え変わるようになります。

生え変わるようになれば、特別なメンテナンスが必要になってくるわけではなく、普通にシャンプーをして清潔にしたりするだけで問題ありません。1回にかかる費用はある程度しますが、一度の施術で長期的に効果をもたらすというメリットがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です